本文へスキップ

インプラント 北海道 札幌市 歯科 歯医者

電話でのお問い合わせは011-242-1182

〒060-0034 札幌市中央区北4条東2-8-2-2F

インプラント概要

インプラントの歴史

 インプラントは、新しい歯科治療とのイメージが非常に強いのですが、実はインプラントの歴史はとても古く、最古のインプラントは、紀元前約550年のトルコの古墳から石製インプラントが発見されています。その他にも、インカ文明やアステカ文明の古代遺跡から、様々な種類のインプラントが発見されています。ブローネマルク教授

 それから、現在のインプラント治療の基礎が築かれたのは、およそ100年前ほど前。
 1952年スウェーデンのルント大学の医師、ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士が、チタンと骨が完全に結合する事を動物実験にて偶然発見したことから生まれました。
 ブローネマルク博士は、この発見を人体に応用できないかと研究した結果、人体に拒否反応を起こすことなく骨とチタンが半永久的に結合するという結論を得て、人工歯根(インプラント)に利用する方法を開発しました。

 1965年、ブローネマルク教授によって治療された最初の患者さんは、治療後40年近く当時のインプラントを使用して、最近亡くなりました。
 現在、ブローネマルクインプラントの20年累積残存データとして発表されているものには、1983年から85年にかけて治療された報告で、上顎90.0%、下顎92.3%というデータがあります。 また、10年以上のデータでは96%という報告や、5年以上のデータでは98%以上という報告もあります。
 近年では、様々な臨床研究を経て、安全性や実用性を確立した歯科治療となりました。


インプラントと従来の治療の比較

歯が1本抜けた 歯が数本抜けた 歯が全部抜けた
従来の治療
従来の治療1 従来の治療2 従来の治療3
周りの健康な歯を削ってブリッジにします。 入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。 入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。
インプラント治療
インプラント治療1 インプラント治療2 インプラント治療3
健康な歯を全く削ることなく、歯の無い部分にインプラントを入れます。 針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。 数本のインプラントを入れて、固定式の人工歯を入れます。
All-on-4インプラントの選択もあります。

インプラントのメリット

  • 取り外し式の入れ歯に変わって、固定式の入れ歯(ブリッジ)を入れることが出来ます。
  • 取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されますので、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。
  • インプラントなら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛むことが出来ます。
  • 自然な外観や表情を取り戻すことが出来、人前で話すことも全く平気です。
  • 噛む機能が回復することで、食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
  • インプラントを入れたことで食事を楽しむことができ、心身共に健康になります。

インプラントのデメリット

健康保険が使えない
入れ歯(義歯)は5年間、ブリッジは7年間持つという研究結果が発表されているのに対し、インプラントは15年間も持ちこたえるといわれます。
つまり、耐久年数を考えると義歯やブリッジに比べて経済的負担は軽くなります。
また、現在インプラントの質は飛躍的に向上し、15年生存率90%以上ともいわれるまでになっています。
40年以上経っても全く問題なく使えている方もいらっしゃいます。
定期検診が必要
入れ歯(義歯)やブリッジは耐久性が低い為、定期的に作り直さなければなりませんし、入れ歯は毎日お手入れをしなければなりません。
どの様な治療もメンテナンスは必要なので、インプラントに限ってメンテナンスが大変というわけではありません。
外科手術である
確かに、歯科においての外科手術の中では高度な技術や経験が要求されます。
しかし、リスク要因を医師が把握していれば回避できるものなので、治療そのもののデメリットとは言えません。

インプラントの対象者

 下記の方はご注意!!
顎の骨の量が足りない方
インプラント治療は、歯茎の下の顎の骨に直接インプラント体を埋め込む手術を行います。そのため、顎の骨の量が少ない方は、骨移植などの処置を併用しなければならない場合があります。
詳しくはインプラントオプション手術をご覧下さい。
妊娠中の方
術後の投薬や、レントゲン撮影を避けたい場合には、出産後の落ち着いた時期にインプラント治療をした方がよいでしょう。
全身疾患のある方
出血を伴う処置もありますので、糖尿病や高血圧などの慢性疾患がある方は良好な状態にコントロールされていることが条件になります。その他、全身的なご病気がある場合にはかかりつけの医師と相談の上インプラント治療を考える必要があります。
大きな虫歯や、根っこの病気がある方、歯周病の方
インプラント治療に悪影響を及ぼす可能性がある他の歯の病気がある場合には、その歯の治療を優先する場合があります。

下記の方はインプラント治療ができません

  • 顎の骨の成長が終わっていない年齢の方、概ね16歳以下の方
  • 歯磨きなどの日常の清掃が充分にできない方
  • チタンへのアレルギーを持っている方
  • アルコール依存症の方
  • 歯科医師と意思疎通ができない方、精神的に問題のある方